FC2ブログ
雑誌ドルチェ書影

珍しく1日2回更新。
雑誌乙女ドルチェのVol.3の書影が届きました。
お盆前に「キラキラカラー」と言ってたあのお仕事です。
…私ときたらつくづく、お姫様とかキラキラとか宝石とか…センス…ないなあ…!
なんせ、ラインストーン一つついてるものも、ゴールドなものも持ってないくらいだから…あ、腕時計のフチは金か。
男物だけど。
それでもいつもと一味違ったお題だったのもあって、緊張しつつあれこれ手を尽くして描いたものです。
ご笑覧くださいませ。
中のヒストリカルティーンズラブは実力派の作家様が描かれている華やかな長編作品たちだと思うので、ティーンズラブにご興味ある方は是非本屋さんで手に取ってみてください!

にしても、背景と髪の毛がピンクだから、激しくピンクな感じw
女の子のピンクの髪は明るい画面にするために編集さんの推しでそうしたんですが、切れちゃってるスカート部分が葡萄色なのとそのバックがマルーンみたいな色で、本来のイラストはこの印象よりも秋色なのでした。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
2017.06.22 見本誌
意地っ張りウエディング献本

「意地っ張りウエディング」の見本がやっと届きました。
今日?昨日?とりあえず発売済みのようです。
帯のエロい台詞は私の入れた台詞なんですが、なんか照れるw
エロシーンはコミカライズの都合で原作にそわないところがあるので、原作のエロセリフが見つからなくて編集部の方が苦肉の策でこれにしたのかなとも思います。
裏表紙に使われている「俺を好きになってくれたらいいのに…」は、原作テオフィルらしい可愛い名セリフ!

乙女系にご興味ある方は、よかったら(´∀`*)
意地っ張りウエディング


6月になりまして、担当さんからこの間まで描いてた乙女ドルチェのコミックスの書影が届きました。

ハーパー・コリンズ・ジャパン 乙女ドルチェコミックス
「意地っ張りウエディング」(柚佐くりる先生原作)
6月の何日かわかりませんが、発行です。

このドルチェシリーズは小説一冊分を125ページの漫画に一気に描く長丁場の仕事でいつも結構大変なのですが、キャラが…今回キャラが猛烈に私好みでしかなくて、大変だけどすごく楽しくもあったお仕事でした。
とにかくヒーローのテオフィルと、ヒロインのジョゼットが可愛くて可愛くて悶えるストーリーです。
さらに周辺のキャラも可愛くて、誰を描くのも楽しかった(´∀`*)
強面騎士のテオフィルと、端々で硬派なお嬢様・ジョゼットという、公爵の子息と息女なのに質実剛健系カップルなのです。
なので、表紙のドレスも装飾もっさり贅沢系じゃなく、マーメイドっぽい感じに描いています。

テオフィルはここぞとばかりに細いけどマッチョに描きましたとも!乙女系なのに!
なのに担当さんには「(表情とかが)萌えキャラっぽい」と言われました。
ジョゼットはわりと肉々しいことの多い私の女の子にしては珍しく、スレンダーでちっぱいですw
身も心もふわふわな甘ったるいお姫様タイプじゃないので、すらりと描きたかったのもあり。

あー、私の漫画読んでくれというより、キャラの愛しさを伝えたい…!
乙女系小説も守備範囲の方は、是非原作読まれてほしいです!

「極道の奴隷になりました」続編をRenta!さんで読んでいただいた方には、「あ、オマケの智里…!」とバレるやつw
そして、この薔薇素材は要が灰原に撒いたアレw
2017.04.12 6月の花嫁
意地っ張りウエディング

現在進行中のTLの原稿でございます。
6月発刊で、花嫁さんのお話なのでジューンブライドっぽいのですが、
ウエディングドレスはカバーと中のタイトルページとこのシーンだけという。

ヒーローの名前はテオフィルというのですが、強面で真面目で頑強な騎士。
自分的に初めのキャラ絵も加減して描いたのだけど、乙女用としては強そう過ぎるといわれてしまったので、さらに加減してこんな感じ。
遠野に似てるな…ずっとオールバックなわけじゃないのでここだけですけど。

そういえば以前アドバイスもいただいた給湯器事件ですが、水道代…基本料金で収まったというね…(・ω・)
半月ずーっとメーター回りっぱなしは本当だったんですが、流れていく量に比べ出る量はそんなに多くなかったらしく。
普段の使用量が3~6㎥程度と極少なので、今月の9㎥は2~3倍の使用量ではあるんだけど、基本料金内でした。
電気代はさすがにいつもより高いけど。
この件ではありがとうございました。
背徳の婚姻 見本誌

Vanilla文庫コミカライズレーベル乙女ドルチェシリーズ(ハーパー・コリンズ・ジャパン〈旧ハーレクイン〉)から、
2冊目のコミカライズを出していただきました。
「背徳の婚姻」。
原作は浅見茉莉先生です。
以前、小説でも挿絵描かせていただいたタイトルですね。

背徳の婚姻 書影

小説に比べてコミックの方は顔に寄るので多少ライトな印象にするつもりでカバー絵を描いたんですが、ちょっと幼い印象になっちゃってるなあ。
急いでて本当にカツカツだったのもあって…。
どうも原作の先生がアンドリュー(男主人公)の後ろ髪が長いのがお嫌ということで、小説カバーでは修正ができない段階だったのでそのままですが、コミックス版ではばっさり切ってるので別人のようです。
詳しくはよくわかってないのですが、今月発売&配信です。

あとそれに合わせて、販促の意味もあってかな?以前のドルチェ「眠れぬ皇子は淫らに誘う」が期間限定でレンタルですがお安くなるようです。
書店さんはYahoo!ブックストアさんなので、TLにご興味ある方はよろしければ。
バナー作ってもらいました。


ドルチェキャンペーン


考えたら、「極道の奴隷」の初編続編の間に「眠れぬ皇子」。
「背徳の婚姻」の小説とコミカライズの間に「極道たちの恋煩い」。
ここ数年、ヤクザとお姫様と黒髪王子様しか描いていません。

さて、本日より改めて仕事開始です。